DSCP

読み方、または別称:でぃーえすしーぴー

DSCP(DiffServ Code Point)とは、インターネットのためのQoS保証法であるDiffServにおいて、IPパケットをクラス分けした結果の値である。書き込むためのパケット中のフィールドを、DSフィールドという。

QoSとはQuality of Service(クオリティ・オブ・サービス)のことで、制御工学やシステム工学などの分野で広く使われている。

また一種の評価関数であるため、対象が同じ場合でもその評価関数を設定した者ごとに値は異なる。DiffServ(ディフサーブ)とは、IPネットワークにおいて複数のフローをまとめて数個のクラスを作り、クラスごとにQoS保証法の組み合わせを適用するQoS保証法のことである。IntServのように通信フローごとにQoS保証を行わない。

QoSは、ネットワークが混雑すると保証できなくなる。そこで、DiffServでトラフィックをいくつかのクラスに分け、それらを優先度付けするなど、差を付けて扱う。このようなサービスでもっとも有名なのは、オリンピック・サービスである。

金・銀・銅のクラスを設け、金のトラフィックを最優先し、銀のトラフィックをそれに次ぐ優先度で転送する。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る