DPS

読み方、または別称:でぃーぴーえす

DPSとは、Display PostScriptのことで、画面上の表示システムである。その名の通り、PostScriptのイメージモデルと言語を使い、画面上のグラフィックスを生成する。NeXTの一連のUNIXベースのコンピュータで、表示システムとして採用され、当初はアドビシステムズが開発していた。

しかしその後、NeXTが完全実装となり、アドビの協力を得て行った。PostScriptからの変更点は、複数の実行コンテクスト・名前の符号化・対話機能のサポート・ハーフトーンフェーズ・インクリメンタルアップデート・ビットマップフォントのサポートなどである。

複数実行コンテクストでは、複数のウィンドウを同時表示し、それぞれウィンドウにさまざまな設定がある。名前の符号化は、名前を数値に置き換え、参照を高速化した。対話機能サポートは、対話制御のためのプロシージャが定義され、ハーフトーンフェーズはスクロール性能向上、インクリメンタルアップデートはユーザープログラムから命令を受け取る度にほぼリアルタイムに描画するモードを追加した。

ビットマップのサポートでは、PSフォントを手書きのビットマップフォントにマップし、その場で変換できる機能が追加された。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る