DMA

読み方、または別称:でぃーえむえー

DMAはDirect Memory Accessの略称である。アキュムレータを実行する方法を取らずプログラム化された機械語の命令群の実行によって、メモリとメモリ、I/Oデバイスの間で直接データのやり取りをすることである。

DMAの技術が発生する前はCPUのデータ転送の間、長い時間を待たなくてはならなかった。外部入出力の転送速度がRAMより遅かったのが原因である。DMAがあればCPUの転送時間を他の仕事に振り分けることができる。

DMAの利点は、継続的な読み出しを必要とするネットワークのパケット送信や、音楽再生やビデオ配信など、リソースを割くことなく行えることである。そのための組み込み専用チップが使われている。また、CPUの多コア化にも有効である。1チップ上の多コア化だけではなく大規模なコンピュータでのクラスタ化にも使える。

初期のDMACは指定されたアドレス範囲内で指定されたメモリ等に入出力する機能のみが備わっていたが、オペレーティングシステムの普及によりスキャッタリング機能やギャザリング機能が装備されるようになった。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る