DLNA

読み方、または別称:でぃえるえぬえー

DLNAとは、Digital Living Network Allianceの略称であり、家電やモバイルやパソコンなどの異メーカー間による接続を容易にするために2003年6月に結成された団体である。当初はDHWGと名乗っていたが2004年6月に今の名称となった。

DLNAは消費者にシームレスなデジタル生活を楽しんでもらうため、加盟各社の家電製品や電子装置間のネットワークを可能にするためのガイドラインを作ることが主な仕事である。

ガイドラインには2004年6月に発表されたver.1と、2006年に発表された拡張ガイドライン(ver1.5)がある。ver .1では家電のImage やAV やMusicなどのやり取りを決めて、拡張ガイドライン(ver1.5)では、プリンターや携帯電話などにも範囲を広げた。現在、新しいバージョンであるver.2の開発が進められている。

2005年9月、DLNAガイドラインにそって作られた製品に対する、ロゴプログラムやデバイスの認証が始められた。パソコンやNASなどが認証を取得している。ソニーのブラビアやプレイステーション3、シャープのアクオスブルーレイなどの製品が対応している。加盟企業も多い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る