D端子

読み方、または別称:でぃーたんし

D端子(ディーたんし)は、映像機器のアナログ映像信号を伝送するための日本だけの接続端子である。以前はコンポーネント映像信号を伝送する際にコンポーネント端子を使用していたので、入力側・出力側の3つの端子の間を3本のケーブルを使って接続する必要があった。

しかし、D端子では1本のケーブルで接続できるように端子を1つにまとめたのである。また、コンポーネント映像信号に加えて、走査線数や走査方式、アスペクト比切り換えの識別信号の伝送も可能になり、さらにプラグ挿入の検知機能も付けられた。

なお、D端子という名称は、コネクタの形状が「D」の文字型をしていることからつけられたが、主にパソコンのコネクタを連想させる形状やデジタル放送の受信・録画再生機器に使用されたので、D端子の「D」は「デジタル」を示していると誤解されることが多いが、あくまでも形状にからきた名前である。

D端子のコネクタは14のピンが7つずつ2段に配列されていて、ピンのうちの2つが輝度信号の伝送に、4つが色差信号の伝送に、3つが走査線数・走査方式・アスペクト比を切り換えるための識別信号の伝送に、2つがプラグの挿入を検知するために用いられ、残りの3つのピンは予備ライン用である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る