DCiE

読み方、または別称:でぃーしーあいいー、Data Center infrastructure Efficiency

DCiEとは、データセンターなどにおいて、IT機器に関するエネルギー効率を表す指標の1つである。
データセンター全体での消費電力のうち、IT機器による消費電力が占める割合を示したものである。IT機器による消費電力は、サーバー、ストレージ、ネットワーク機器などの消費電力の合計となる。
DCiEの値が大きいほど、そのデータセンターのエネルギー効率が高いと言える。平均的には50%程度とされ、効率が高いと70%を超える場合もある。

データセンターのエネルギー効率を表す指標では、PUE(Power Usage Effectiveness)が国内外のITベンダーなどで広く採用されているが、DCiEはPUEの逆数をとった値に100をかけ、%で表している。DCiEは、PUEと同じく、データセンターの省電力化を推進する業界団体「The Green Grid」が開発した指標で、ITベンダーなどで広く使われている。

PUE = データセンター全体の消費電力 / IT機器による消費電力

DCiE = 1 / PUE × 100 (単位:%)

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

ページトップへ戻る