DBMS

読み方、または別称:でぃーびーえむえす

DBMSとは、データベース管理システム(データベースかんりシステム、database management system)のことを指す。コンピュータのデータベースを構築するために必要となるデータベース運用・管理のためのシステムおよびそのソフトウェアのことで、データベースマネジメントシステムとも呼ばれている。

かつてはCODASYLが提唱したネットワーク型データモデルや階層型データモデルのDBMSや、初期の非力なパーソナルコンピュータなどではカード型データモデルのDBMS(簡易データベースソフト)などが幅広く使われていた。しかし、近年では関係モデル(リレーショナルデータモデル)を扱う関係データベース管理システム(RDBMS)が主流となっている。

また、関係データベース管理システムに、利用者が独自データ型・関数を拡張可能なオブジェクト関係データベース(ORDBMS)、オブジェクトデータベース(ODBMS)、データモデルにXMLを採用したXMLデータベースなどが開発され、利用者も増えているいる。

DBMSの機能には、「データベース言語」「物理的データ独立性」「論理的データベース独立性」「データ完全性」「トランザクション処理」「セキリュティ」「障害復旧」「最適化」「分散データベース」などがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る