CRUD

読み方、または別称:くらっど

CRUD(クラッド)とは、コンピュータソフトウェアが持っている永続性の4つの基本機能のイニシャルを並べつけられている。この4つの機能とは、ほとんどすべてのコンピュータソフトウェアが持ており、ユーザインタフェースが備えるべき機能(情報の参照/検索/更新)を指す用語としても使われている。

Create(生成)・Read(読み取り)・Update(更新)・Delete(削除)。CROUDの代わりとして、「ABCD」「ACID」「BREAD」「VADE(R)」が使われることもある。これらは、「ABCD:add(追加)・browse(走査)・change(変更)・delete(削除)」「ACID:add(追加)・change(変更)・inquire(問い合わせ)・delete(削除)」「BREAD:browse(走査)・read(読み取り)・edit(編集)・add(追加)・delete(削除)」「VADE(R):view(参照)・add(追加)・delete(削除)・edit(編集)」となる。

CRUDは、関係データベースアプリケーションやRESTfulなWebアプリケーションで実装する必要のある主な機能列挙したものと見ることができ、各文字は標準のSQL文にマッピングが可能である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る