BladeCenter

読み方、または別称:ぶれいどせんたー

BladeCenter(ブレードセンタ)とは、ブレードサーバシリーズで、IBMが2002年から発売している。開発は、1999年。米国IBMとインテルによって共同開発され、すでに主要なサーバメーカーはBladeCenterを発表しており、BladeCenter市場では後発の製品であった。

しかしこのことでインテルCPUの消費電力上昇やInfiniBandなどの高性能I/Oのサポート、シャーシ内の各部品の高信頼性やSANブートなどを初期モデルから対応したことで、先発のBladeCenter製品との差別化が要因となった。その為、市場においても発表以来高いシェアを誇っている。

ちなみに、日本市場では2002年の第34半期に日本IBMより発表されている。BladeCenterは、関連のシステムソフトウェアとして、BOFM、BOFM Basic、BOFM Advanceがある。BOFMは、MACアドレスやWWNなどを仮想し、接続に関する管理を簡単にする機能である。

Basicは、仮想化し、同一のブレードベイに装着するブレード間で引き継ぐことができ、Advanceは物理的ブレードサーバが故障した際、他のブレードベイに装着されたブレードにMACアドレスやWWNを引き継ぐことができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る