Binutils

読み方、または別称:びんゆーてぃるす

Binutilsとは、GNU Binary Utilitiesのことで、さまざまなオブジェクトフォーマットを含んだオブジェクトファイルを扱うプログラミングツールである。現在はシグナスソリューションズでBFDライブラリを使って書かれている。典型的な使われ方は、GCC、make、GDBなどの補助で、as・ld・addr2line・ar・c++filt・nm・objcopy・objdump・ranlib・readelf・size・strings・strip・gprpfのコマンドを含んでいる。

Binutilsはもともと少数のユーティリティから構成されていたが、関連性の高さからアセンブラ(as)とリンカ(ld)も含まれるようになる。ちなみに、個々のBinutilsは単純な機能しか持たず、これらをカプセル化したものをBFD(Binary File Descriptor)やlibopcodesライブラリがある。

現在はシグナスソリューションズによって使用されているが、これはレッドハットによって買収されたからである。BFDライブラリはGNUプロジェクトにおいて各種のオブジェクトファイルを取り扱う主要メカニズムであり、2003年で約50のファイルフォーマットと約25のプロセッサ・アーキテクチャをサポートしている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る