BigTable

読み方、または別称:びっぐてーぶる

BigTable(ビッグテーブル)とは大規模なサーバ上の大量のデータを管理することを目的として設計されたデータベースシステムで、Googleの分散ストレージシステムを支えている。

BigTableは、データが圧縮されたハイパフォーマンスのプロプライエタリなデータベースシステムで、Google File SystemやChubby Lock Service、その他いくつかのGoogleのプログラムから成っていて、今のところGoogleだけに供給されている。

2004年から作成され、現在はMapReduceやGoogle Reader、Google マップ、Google Print、Google Earth、Blogger、Google Code hosting 、YouTubeなどGoogleのアプリケーションで使用されている。

なお、BigTableは、高速で超大規模な列指向DBMSで、数百から数千台規模のサーバのペタバイトまでのデータを扱い、サーバを簡単に増設して、再設定なしでリソースを自動的に利用するように設計されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る