BWA

読み方、または別称:びーだぶりゅえー

BWAとは、Broadband Wireless Access(無線ブロードバンドアクセス)の略で、無線アクセスの中で、ブロードバンドインターネット接続が可能なものである。BWA は、室内での無線LANとは異なり、無線基地局からの電波によりデータ通信を行う。

2001年12月にIEEE(米国電気電子学会)によって承認されたIEEE 802.16という規格が、BWA用のエア・インターフェースと呼ばれている。この規格では、周波数帯として10~66GHzを使用し、伝送距離は最大で50km、伝送速度は最大で70Mbpsとなっている。

さらにIEEEでは、使用周波数帯を変更したIEEE 802.16aやIEEE 802.16dという規格を承認し、IEEE 802.16aとIEEE 802.16dの2つの規格を整理・統合したIEEE 802.16-2004という規格が2004年にでき、これをWiMAXと呼ぶ(ただし固定区間に用いられる方式である)。

さらにIEEEは、2005年12月にIEEE 802.16eという規格を承認した。この規格はモバイルWiMAXと呼ばれ、周波数帯として6GHz以下を使用し、伝送距離は1~3km、伝送速度は最大で75Mbpsとなっており、高速移動体にも対応している。日本では携帯電話事業者が2.5GHz帯を使用し、下りの伝送速度を40Mbpsとしてサービスを提供している。

また、モバイルWiMAXの後継規格として、IEEE 802.16mという規格(WiMAX2、あるいはWiMAX Release 2.0とも呼ばれる)が2011年3月に策定された。

さらに2012年には、WiMAX2にTD-LTEとの互換性を持たせたWiMAX Release 2.1(WiMAX 2.1)もでき、日本では2018年1月現在で、下りの最高伝送速度が225MHzのサービスが提供されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る