BSデジタル放送

読み方、または別称:びーえすでじたるほうそう

日本でのBSデジタル放送は、放送法に基づく基幹放送と一般放送として行われている。放送衛星によるBSデジタル放送の当初の目的は離島や山間部のような難視聴地域の解消が目的であったが、現在では専門性の高い番組を提供すチャンネルを増やす目的の放送が行われるようになった。

なお、BSデジタル放送を受信するのには、日本放送協会(NHK)の別途衛星契約が必要であるが、受信者からの申告制になっている。

因みに、日本での衛星放送は使用する人工衛星により放送衛星(BS)を使用するBS放送と通信衛星(CS)を使用するCS放送に制度上も分かれていたが、2009年2月に総務省はBS放送と東経110度CSデジタル放送を特別衛星放送として統合した。

したがって、現在の衛星基幹放送には、アナログテレビジョン放送、BSアナログ放送(デジタルテレビジョン放送)、BSデジタル放送 、東経110度CSデジタル放送 がある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る