BPS

読み方、または別称:びーぴーえす

BPS(Bit Per Second)とは、通信回線における1秒あたりのデータ転送速度の単位である。ビット毎秒。1秒間に何ビットのデータを転送できるかを表す。1bpsだと、1秒間に1ビットのデータ量を転送できるという意になる。

この数値が大きくなると通信速度が速いということになる。そのため、通信速度の目安として表示される。アナログデジタル変換の回数を減らしノイズを抑えたアナログモデムでの最高速度は56kbps(下り)、ISDNでの最高速度は128kbps、Fast Ethernetの規格の一つである100BASE-TXのEthernet LANでの最高速度は100Mbpsである。

bpsのbを大文字にして、「Bps」とされているときはバイト毎秒(bytes per second)というものになる。混同を防ぐために、ビット毎秒(bit per second)は「bps」と表記されている。

1バイト=8ビットであるため、bpsの値を8で割るとBpsの値を出すことが出来る。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

ページトップへ戻る