B木

読み方、または別称:びーき

B木(びーき)は、コンピュータサイエンス分野でのデータ構造を示す呼び名であり、データの木構造の一つである。例えば、ブロック単位でランダムアクセスを行うハードディスクなどの補助記憶装置上に木構造のデータを実装するのに向いた構造を持っている。

したがって、B木は実際のシステムでも多く使用されていて、多くのデータベースマネージメントシステムはB木での索引機能を実装している。

B木は多分岐のバランス木であり、例えば1 ノードから最大で m 個の枝では、それはオーダー m のB木である。しかるべき手順に従って操作すると、根と葉を除く内部ノードは最低でも m /2 の枝を持つことができる。

なお、ノードはページと呼ばれることもあるが、例えばハードディスクドライブなどでB木データを生成する時には、B木のオーダーは、各ページのサイズが外部記憶装置のブロックサイズの整数倍になるように調整される。因みに、B木の中でオーダーが3のものは2-3木、オーダーが4のものは2-3-4木と呼ばれる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る