AuFS

読み方、または別称:おうふす

AuFS (AnotherUnionFS) はLinux ファイルシステムのUnionFSにunion mount を組み込むファイルシステムで、2006年から岡島順治郎氏が開発した。なお、AuFS は UnionFS を完全に書き換えるもので、その目的は信頼性とパフォーマンスの改善にある。

AuFS は書き込みが可能なブランチのバランシングの新しい概念を取り入れ、多くの改善が施されている。したがって、より良い安定性とパフォーマンスのために2006年にはUnionFSに代わり Knoppix Live CD Linuxディストリビューションで AuFS が選ばれている。

この union サービスはバージョン6から SLAXでのUnionFS に置き換わり、ASUS Eeeパソコン モデル 901で利用できる Xandros Linux ディストリビューションの UnionFSは AuFS にも置き換えられた。

なお、UnionFS は Linux と FreeBSD 向けのファイルシステムで、他のファイルシステムに対する union mount を実装している。UnionFS は分離されたファイルやディレクトリを透過的に重ねることができ、したがって一貫した一つのファイルシステムが形成される。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る