AirPlay

AirPlay(えあ・ぷれい)とは、iTunesやiPod Touch、iPhone、iPadでの音楽や動画、画像を、家庭内のネットワークを経由して他の機器で再生をする機能であり、アップルのiTunes10に初めて内蔵された。

つまり、これまで音楽データのストリーミング再生のみにしか対応しなかったAirTunesを、動画データや画像データにも対応するために大幅に刷新したもので、旧AirTunesとの下位互換性を持っている。

サンプリングレートは44.1kHzで伝送されるシステムになっており、ハイレゾ音源の再生は可能ではあるが、ダウンサンプリングされて伝送される。なお、再生には送信側と受信側の機種でAirPlayに対応しなければならない。

AirPlayは他社のメーカーにもスペックを公開しているので、2010年(平成22年)の発表当初の参入メーカーは、デノン、マランツ、B&W、JBL、iHOMEであったが、2011年(平成23年)にはパイオニアが参入している。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る