Abuse

abuse(アビュース)とは、不正使用や乱用などを意味する。コンピュータネットワーク上で迷惑行為やその行為を通報する窓口を指している。misuseという似た英単語があるが、こちらは濫用・悪用以外に“誤用”“過誤”という故意ではない意味も含まれている。

不適切な公衆への振舞いをする者に対し、RFC 2142は通報するためにabuse@…を用意するべきと規定している。メールアドレスは、スパムメールの送信や第三者によるメールサーバの不正使用など、さまざまな通報先にあり、転じてネットワーク上の迷惑行為やその行為を通報する窓口として使われるようになった。

例として、「著作権侵害」「財産権mプライバシー権、肖像権の侵害」「名誉毀損」などの迷惑行為をはじめ、スパムメールなどの迷惑メールの送信行為やウイルス送信や送信可能化なども含まれる。こういった不正行為をabuseではISPネットワークの内外から受け付けている。

ちなみに、規約などに“abuse”と列挙されていなくても、“法令に違反”している、または助長・幇助する行為もabuseとする。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る