ARマーカー

ARマーカーとは、AR(拡張現実)を実現するために用いられる2次元コードパターンや静止画などで構成されるマーカーのことである。

ARマーカーを使った例としては、印刷したARマーカーを現実の世界に設置して、それをデジタルカメラで撮影し、その位置にリアルタイムで情報や画像を重ねて表示させたり、映像に合った3DCGアニメーションを合成させたりするシステムがある。

ARマーカーを使ってARシステムを実現するためには、現実世界にARマーカーを設置しなければならない。これに対し、ARマーカーを設置することが難しい場面でARシステムを実現するために、現実空間にある物体などを認識させながらリアルタイムでARを適用させるマーカーレスARと呼ばれる技術もある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る