AES暗号

AES暗号とは、アメリカ合衆国で先進的な暗号規格 (Advanced Encryption Standard) として新たに規格化された共通鍵暗号方式による暗号である。

1977年に発行された暗号規格DESをリニューアルする目的で、新たな暗号方式の公募を行い、AES暗号が2001年3月に FIPS PUB 197 として、米軍のネットワーク秘匿化オープンソースプロジェクトのTorなどに採用されている。

なお、AESはSPN構造のブロック暗号であり、ブロック長は128ビット、鍵長は128ビット・192ビット・256ビットの3つが利用できる。

因みに、AES開発のベースである Rijndael では、ブロック長と鍵長が可変で、128ビットから256ビットまでの32ビットの倍数が選べる。しかし、NISTが公募した際のスペックに準拠して、米国標準に採用されたAES暗号では、ブロック長は固定され、鍵長も3種類に限られた。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る