ACアダプタ

読み方、または別称:えーしーけー

ACアダプタとは、コンセントから引き込んだ交流電流(AC)を直流電流(DC)に変換する装置のこと。通常、電子機器と呼ばれる部類の電気製品で利用されることが多く、照明機器や洗濯機のような家電製品では、あまり使われることはない。

電気は、送電効率の関係から交流電流(AC)によって供給されており、コンセントから流れてくる交流電源は、そのままでは直流電源を使用するデジタル機器の場合、そのまま利用することはできない。そのためデジタル機器をコンセントに繋ぐ場合ACアダプタで交流電源を直流電源に変換する。

ACアダプタは、コンピュータの場合、デスクトップ型やサーバのような、筐体にスペースの余裕があるタイプでは、本体内に組み込まれているが、小型のデジタル機器や家電製品等、ノートパソコンのように持ち運びを行う場合を考慮してACアダプタを組み込むスペースが削減されているデジタル機器では、本体と別に、電源コードと一緒になっていることが多い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る