4K2K

読み方、または別称:よんけーにけー、4Kテレビ

4K2Kとは、横4000×縦2000ピクセル前後の解像度を指す。「4K」「4Kテレビ」「ウルトラHD」とも呼ばれる。「K」は1000を意味する。
4K2Kは、フルHD(1920×1080ピクセル)の約4倍の画素数(約800万画素)にあたり、具体的に、3840×2160ピクセルや4096×2160ピクセルといった解像度を意味する場合もある。
3840×2160ピクセルの解像度は、4倍のフルHDを意味する「QFHD」(Quad FullHD)とも呼ばれ、ITU(国際電気通信連合)で「4K UHDTV」(4K Ultra High Definition Television)として定義されている。画面の幅と高さの数値比率は、フルHDと同じ16:9。
4096×2160ピクセルの解像度は、デジタルシネマの標準規格であるDigital Cinema Initiatives(DCI)で決められている「4K2K」である。
さらに、4K2Kを縦横それぞれ2倍にした8K4K(8K UHDTV)と呼ばれる解像度も研究開発が進められている。なお、フルHDの解像度(1920×1080)は、2K1Kと呼ばれる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

ページトップへ戻る