3PL

読み方、または別称:すりーぴーえる

3PLは、サード・パーティー・ロジスティックの略称である。ある企業のロジスティックの一部または全体を、第三の企業に委託することで実現するという物流の形態のひとつである。ロジスティックとは、原材料から生産・販売に至るまでの物流を企業が合理化するための手段である。

物流業務を委託する側を「荷主企業」委託される側を「3PL事業者」と定義して話を進めるが、荷主企業側から見た場合効率的なロジスティックのためには、倉庫や貨物列車、人的資源などのインフラストラクチャーが欠かせない。ただ、このインフラの充実のためには時間と費用がかなりかかる。そのため、ロジスティック活動の一部を物流業務を専門に行う第三の企業に委託する選択肢が生まれる。3PL事業者から見ても自社の資産であるハードウェアやソフトウェアを荷主企業に解放することによって少ない投資で増収が見込めるメリットがある。

荷主企業がジャストインタイムやサプライチェーン・マネジメントなどのロジスティックを実行するための手段にも用いられる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る