3ウェイ・ハンドシェイク

読み方、または別称:すりーうぇいはんどしぇいく

3ウェイ・ハンドシェイク (英語でthree-way handshaking) とは、TCP などで使われている接続を確立するための手順であるが、実際には3段階で実行される。

すなわち、まず通信をしたい人が相手に対して SYN パケットを送信し、SYN パケットを受けとった相手は、送信者に接続を許可する SYN ACK パケットを送信する。また、同時に通信先の相手は接続をするために、送信者との 接続用の情報を記憶する領域を割り当てる。

さらに、SYN ACK パケットを受けとった人は、接続開始を示す ACK パケットを送信してから通信相手との通信を開始する。

なお、TCP が 3 ウェイ・ハンドシェイクを実行するため、TCP を使用する通信では 3 ウェイ・ハンドシェイクを行う必要はない。しかし、UDP では 3 ウェイ・ハンドシェイクが実行されないため、UDP を使用する上位のプロトコルの SIP などでも 3 ウェイ・ハンドシェイクが行われる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る