1セグ放送

読み方、または別称:わんせぐほうそう

1セグ放送とは、いわゆる「ワンセグ」のことを指す。日本では、主に携帯電話などの携帯機器を受信対象としている地上デジタルテレビ放送である。正式名称は、「携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス」。

2006年4月1日、日本時間の11時より東京都など29都道府県でサービスが開始された。同年12月1日にはハイビジョン放送と同時に、全43県の県庁所在地や近接している一部の市町村でも受信できるようになった。

2011年には、放送大学学園を除くすべての地上波放送局で行われている。2008年3月末まで、1つの放送局から同一番組を流す「サイマル放送」が義務付けられている。その為、ワンセグで見られる番組は地上デジタル放送の主番組と同じであった。しかし、同年4月1日に義務付けが解除され、部分的なワンセグ放送独自の番組放送がスタートした。

ワンセグは一般テレビと同じ番組に加え、各テレビ局がワンセグ専用に制作したデータ放送もある。専用データ放送には"放送と通信の連携機能"が多く用意されており、携帯電話事業者各社からも、次世代モバイル関連ビジネス活性化の観点からも期待されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る