xDSL の xDSLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

xDSL

読み方、または別称:えっくすでぃーえすえる

xDSLとは、デジタル加入者線(でじたるかにゅうしゃせん)のことで、ツイストペアケーブル通信線路で高速デジタルデータ通信を行う技術である。また、電気通信役務を指す。日本以外にも、先進国ではインフラストラクチャーとして既存のメタルケーブル加入者線が利用できる。
ADSL、CDSL、VDSLHDSLなどさまざまな種類があり、これらを総称してxDSLと呼ぶ。ADSLは1対のツイストペアケーブル通信線路で、上り下りの速度が非対応となる通信を行うものである。アメリカ合衆国のAnnex-Aの技術をそのまま受け継ぎ、Annex-Bや日本方式のTCM-ISDLの干渉を軽減したAnnex-Cなどがある。
ReachDSLは、遠距離での接続を確保したDSLで、速度は最大上下とも960kbpsとなる。CDSLは、上り最大128kpbs、下り最大1Mbpsの簡易DLSである。ADSLより安価でスプリッタが不要、普及はしなかったが、ADSLのG.lite規格と似ている。VDSLは他のDSL方式より高速、HDSLは2対ツイストペアケーブルを用い、送受信とも速度の対称型DSLになる。SDSLは、上下速度対称の方式で、ITU-Tで定義されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る