データ圧縮 の tarに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

tar

読み方、または別称:たー

tar(ター)はテープアーカイブのことで、ファイルフォーマットの一種であり、Tape ARchive formatの略であるが、UNIXコマンドのtarを指すこともある。
tarはファイルアーカイブに用いられ、多数のファイルを一つのファイルにまとめることができ、ファイルのユーザ情報とグループ情報、パーミッション、最終更新日時、ディレクトリ構造などを同時に単一ファイルにまとめることができる。
なお、tarという単語は、元々は童話のタールの赤ん坊の英語版から来たもので、それにタールボール(タールの塊)を引っ掛けた用語である。
元来tarは複数のファイルをまとめることのみが目的で、圧縮の機能はないため、通常はcompressやgzipbzip2などの圧縮方法を用いて同時に圧縮(ソリッド圧縮) を行う 。その際のファイル拡張子は.tar.Z、.tar.gz、.tar.bz2 で、特に .tar.Z、.tar.gz は古くから使われている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る