情報科学 の sizeofに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

sizeof

読み方、または別称:さいずおふ

sizeofとは、CとC++においてデータ型の大きさを求める単項の演算子である。sizeof fは原則としてコンパイル時計算される演算子で、式もしくは括弧で括った型指定子を与えるとその大きさをバイト単位で返す。
sizeof演算子は、メモリ上に領域を占めるものであれば、組込の数値型(整数型や浮動小数点数型)やポインタ型から利用者定義の複合データ型(構造体、共用体、C++のクラス)まで使用することができる。
引数が変数名や値の場合は「sizeof 変数名」「sizeof 値」のように括弧で括らなくてもよいが、型名を渡す場合は、「sizeof(型名)」のように必ず括弧で括らなくてはならない。
なお、sizeof演算子は配列型または関数型として宣言されたパラメータが渡された場合は、sizeof はそのポインタのサイズを返す。一方、sizeof が構造体および共用体に適用された場合は、パディングを含む合計バイト数が返される。
ちなみに、C++/CLIのsizeof演算子はネイティブ型で用いる限り基本的にC++と同じである。しかし値クラスやジェネリック型引数に対して用いられたときにはコンパイル時定数でなくなる。C#のsizeof演算子は、組込の整数・文字型に対して用いた場合のみは値も決まっており定数となっているが、その他の型に使用した場合はコンパイル時、定数とならない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る