プリンタ の ppmに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ppm

読み方、または別称:ぴーぴーえむ

ppm(パーツ・パー・ミリオン)とは、100万分の○○の割合を表す単位である。濃度などを表す際に用いられるが、不良品が発生した際の確率を表す時にも使われる。正式名称は「parts per million」で、ppmは頭文字をとったものになる。
100万分の1または百万分率とも言われている。似た単位にppcやppb、pptなどがあるが、これらもすべてppmと同じような意味合いになる。pptに関しては稀に「parts per thousand」を意味する場合もあるので、注意が必要である。
ppmは、濃度以外にも二酸化窒素をはじめとする大気汚染の物質や岩石中の微量元素の組成などでも用いられる。基本的にさまざまなものの単位に使われるが、水溶液中の濃度に関しては1kg=1lと近似し、mg/l=ppmと表記する。ちなみに不純物物質濃度などの単位になる。長さを表す場合は、例えば線膨張係数が8.8ppm/℃の場合、8.8μm/℃/mのことになる。
水の遊離残留塩素濃度に関しては、浄水器を使った場合と使わない場合とでは微妙に異なる。元は約0.4ppm、浄水器を使うと約0.1ppmになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る