基盤技術 の p型半導体に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

p型半導体

読み方、または別称:ぴーがたはんどうたい

p型半導体とは、半導体の1つで、電荷を運ぶキャリア正孔、すなわちホールを使用している半導体のことである。p型半導体は、正の電荷を持ったホールが移動することによって、電流を生じさせることができる。このホール、正孔は、p型半導体の内部において、結晶内に電子の欠落部分が生まれ、そこにあたかも正(positive)の電荷を持ったかのように振る舞う粒子が出てくることによって生まれるものである。
つまり、p型半導体においては、そのキャリアの多数を正孔とする半導体としている。このようなp型半導体は、例えばシリコンなどに代表されるような4価元素の真性半導体に、ホウ素やアルミニウムなどの3価元素を不純物として、微量に添加することでつくることができる。
このときに使われる不純物のことは、「アクセプタ」と呼ばれ、さらにこの不純物によって形成される準位のことを「アクセプタ準位」と呼ばれる。p型半導体の名称は、そのキャリアの多数が正(positive)の電荷を持つ正孔であることから、「Positive」の頭文字を取って、p型半導体としている。
また、日本工業規格(JIS)などの工学においては、p形半導体と表記される。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る