情報科学 の memcachedに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

memcached

読み方、または別称:めむきゃっしゅど

memcachedとは、汎用の分散型メモリキャッシュシステムである。Danga InteractiveによってLiveJounalサービスのために開発されたが、現在では多くのサイトで使われている。また、データとオブジェクトをメモリ内にキャッシュすることでデータベースからの読み出し回数を減らし、データベースを用いているウェブサイトを高速化することを目的としている。
memcachedは、認証やセキリュティ機能を持っていないため、ファイアーウォールを用いているサーバ上でしか使用できない。もちろん、このファイアーウォールは、適切に設定されていなければならない。既定では、ポート11211番を使用し、またlibeventも使用している。
APIは複数のマシン上に分散されたハッシュテーブルを提供し、テーブルが多い場合はデータの新規挿入によって古いデータを順番に削除していく。memcachedを用いているアプリケーションは、データベースなどの低速な記憶装置へのアクセスを行う前に、memcachedのリクエストを挿入する必要がある。
主なシステムは、YouTubeをはじめLiveJounal、Wikipedia、SourceForge、Facebook、Diggなど。ほとんどが大規模で有名なサイトである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る