情報科学 の makeに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

make

読み方、または別称:めいく

make(メイク) は、プログラムのビルド作業を自動化するツールで、コンパイルリンク、あるいはインストール等のルールが書かれたMakefileテキストファイルで種々な作業が自動的に行われる。
makeの特長は複雑に関連し合ったファイルの依存関係を解決することで、例えば、X というファイルを処理して Y というファイルを作成する際に、make はそれぞれのファイルの更新時刻を参照し、Xが Y よりも新しいときには作業を行うが、Y が X より新しければ作業は不要とみなす。
このように、たとえファイル数が増え、依存関係が複雑でも、make は必要最低限の作業を自動で行うが、Autotools を使えば Makefile の自動生成が可能となる。
なお、make はプログラムのビルド以外の用途にも使われ、例えば、LaTeX のソースファイルから DVI 形式のファイルを作成する作業などにも使用することができ、バッチ処理の簡略化にも使うこともできる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る