情報科学 の libjpegに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

libjpeg

読み方、または別称:りぶぺぐ

libjpegとは、JPEGのエンコード、デコードを行うためのライブラリの1つであり、他にJPEGファイルを操作するためのユーティリティもこれに含まれる場合がある。開発は、Independent JPEG Groupが行った。他にも、「IJG JPEG ライブラリ」などと呼ばれることがある。
libjpegは、JPEGデコーダ、JPEGエンコーダ、その他JPEGユーティリティなど、広く使用されている実装を含んだ、C言語で記述されたライブラリであり、Independent JPEG Groupによって保守されたものである。例えば、信号圧縮に広く用いられる、離散信号を周波数領域へ変換する方法の1つである離散コサイン変換(Discrete Cosine Transform )、略称DCTの演算では、エンコード、デコードにおいて負荷が高い。
そのため、用途によって選択ができるように、浮動小数点演算、精度の高い整数演算、高速な整数演算の三通りが実装されている。うち、高速な整数演算から、精度の高い整数演算においては高速になる代わりに、演算誤差も大きくなる。
一方、量子化テーブルはあらかじめプリセットされており、画質と圧縮率のバランスの変更を、1つのパラメータだけで行うことができ、さらにプログラマによる定義も可能となっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る