ソフトウェア用語辞典 の iptablesに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

iptables

読み方、または別称:あいぴーてーぶるず

iptables(アイピーテーブルズ)は、Linuxに組み込まれているIPv4用、IPv6 用のパケットフィルタリングおよびネットワークアドレス変換(NAT)機能、およびその操作をするコマンドのことで、ルータの機能がある。
Linuxカーネル2.4以降では、パケット処理のためのフレームワークであるnetfilterがあり、これを制御するツールの実装がiptablesである。すなわち、Linuxカーネル2.2系列以前はipchainsやipfwadmが使われていたが、iptablesはこれらを置き換えたものである。
iptablesには、フィルタリングの対象を選ぶテーブルと、タイミング用のチェインがあるが、filterテーブルはパケットの出入り自体を制御でき、natテーブルはパケットの中身の書き換えを制御するネットワークアドレス変換やIPマスカレード向けに用いられる。
なお、初期状態で用意されているチェインは、INPUTチェイン、OUTPUTチェイン、およびFORWARDチェインである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る