構造 の inodeに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

inode

読み方、または別称:あいのーど

inode(あいのーど)とは、データ構造のことで、etx2やUnix系ファイルシステムなどで古くから使われている。ファイルディレクトリなどのファイルシステム上のオブジェクトに関する基本情報が格納されており、最近のUnix系ファイルシステムでは使用していないことが多いが、同等の機能を提供するには、同等の機能を格納する必要がある。
statシステムコールがそれらのデータをプログラム向けに提供することから、statデータと呼ぶこともある。また、データをカーネルでのメモリ上で表現することをstructinodeと呼び、BSD系システムではvnodeとも呼ぶ。ちなみに、vはカーネル内の仮想ファイルシステム層からきている。
POSIX標準で規定されているファイルシステムの動作は、従来からのUNIXファイルシステムに大きく影響され、“ファイルの長さ”“デバイスID”“ファイル所有者のユーザーID”“ファイルのグループID”“ファイルシステム内でファイル識別をするinode番号”“ファイルモード”“最終inode更新時、最終ファイル更新時、最終参照時を示すタイムスタンプ群”“そのinodeを指すハードリンクがいくつあるか示す参照カウント”の属性を持つことを要求される。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る