マークアップ言語 の iBATISに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

iBATIS

読み方、または別称:あいばてぃす

iBATIS(アイバティス)とは、オブジェクトの各データを、リレーショナルデータベースのレコードを構成する個々の項目に関連付けるO/Rマッピングツールの1つ。Apacheのプロジェクトの1つとしてASF(Apache Software Foundation)で開発され、2002年に発表された。
iBATISは「iBATIS SQL Maps」というO/Rマッピング機能と、「iBATIS DAO Framework」というDAOパターン用のフレームワークで構成されており、「iBATIS SQL Maps」はデータベースとJavaオブジェクトをマッピングすることができるデータマッピング機能やデータキャッシュ、トランザクションといった機能がサポートされている。
一方、「iBATIS DAO Framework」はJ2EEのDAOパターンをサポートしており、DAOパターンの実装を容易にしてくれる。
iBATIS はSQLクエリをXMLファイルに置くことで、関係データベースにアクセスする際に必要となる大量のJavaコードを大幅に減らすことを基本としており、SQLクエリはXMLファイルに置くことで一旦アプリケーションと分離される。検索結果のオブジェクトのマッピングは自動的か半自動的に行う。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る