ファイルシステム の ext3に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ext3

読み方、または別称:いーえっくすてぃーすりー

ext3(イーエックスティースリー)とは、third extended file systemの略で、Linuxで広く使用されているファイルシステムの1つである。
ext3はext2ファイルシステムにデータ変更をトランザクションとして管理する機能のジャーナリング機能と、複数のブロックに跨るディレクトリに対してのツリーベースのディレクトリインデックス、オンラインファイルシステムのリサイズ機能を追加している。また、ext3ではext2と比べて、マシントラブルからの復旧に要する時間が短くなっている。
ext3は構造の多くがext2と類似しているため、ext2互換性が高く、ext2パーティションをマウントしたままext3に変換することが可能で、ジャーナリング機能を使用することはできないが、ext2ファイルシステムとしてマウントすることもできる。それ以外の特徴はext2とほぼ同じで、ファイルサイズ上限は4TB、パーティションサイズ上限は16TBなどとなっている。
ext3は安定版のLinuxカーネル2.4.16から対応し、同バージョン以降のLinuxではパッチを適用することなくext3を使用できる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る