XML の ebXMLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ebXML

読み方、または別称:いーびーえっくすえむえる

ebXML(Electronic Business using eXtensible Markup Language)とは、XMLを用いたインターネット上の企業間電子商取引のための仕様群で、1999年に使用開発の活動を開始し、2001年に主要な仕様の初版を公開した。
ebXMLは複数の仕様からなっており、対象となる範囲は取引伝票の伝送以外に取引のプロセスプロトコルの指定などさまざまな仕様がある。ただし、伝票のフォーマットはebXMLと定めていない。その為、UBLやRosettaNet RIPなどの他の標準や企業独自が定めた伝票フォーマットを用いる。
主な仕様は、「ebXML Message Service(メッセージ伝送)」「ebXML Collaboration Protocol Profile and Agreement(取引企業の能力または合意の記述)」「ebXML Business Process Specification Schema(企業間取引プロセスの記述)」「ebXML Registry(企業情報の登録薄)」「ebXML Core Components(取引伝票の構成要素モデル)」などを掲げている。
ebXML Initiativeは初期仕様の完成をもって解散している。しかし、ebXMLを構成している各仕様は、UN/CEFACTとOASISが分担して維持および改版している。またISOはOASISやUN/CEFACTから提出されたebXMLの仕様を承認している。そして、ISO/TS 15000 Electronic business eXtensible Markup Languageの各パートとして出版している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る