種類 の cutに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

cut

読み方、または別称:かっと

cut(カット、切り取り)とは、画面上に表示されている文字列画像の一部を選択し、その部分を切り取る操作のことである。Windowsでは「切り取り」と呼ばれるが、Mac OSでは「カット」と呼ばれる。
切り取った部分は画面からは消えるが、「クリップボード」と呼ばれるコンピュータ内の記憶装置の一部に一時的に保存されるため、「ペースト(貼り付け)」という作業を行って、切り取った部分を指定した場所に表示させることができる。
なお、カット操作の対象になるものはソフトウェアの種類によって異なる。例えば、ワープロソフトの場合は、文字列のカット機能を備えており、「コピー(複写)」操作や「ペースト(張り付け)」操作と組み合わせて、文章の編集によく利用される。一方グラフィックソフトの場合、選択した範囲を切り取る場合に利用する。
なお、ワープロソフトで作成した文書をメールソフトのメッセージ欄に移すような、異なるアプリケーションの間でも、切り取りとペースト(貼り付け)操作が可能な場合がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る