ドメイン の ccTLDに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ccTLD

読み方、または別称:しーしーてぃーえるでぃー

ccTLDとは、国別コードトップレベルドメイン(くにべつコードトップレベルドメイン)のことである。国名コードに基づいたトップレベルドメインで、日本では「.jp」にあたる。コード体系は、原則としてISO 3166による2文字のコードに基づいている。
しかし、英国の.ukのように、一部例外もある。取得や定義は、ドメインを管理しているレジストリが決めており、日本では「日本レジストリサービス」が行っている。ccTLDは、その国/地域に存在する団体(もしくは在住する個人)である必要があるが、世界中の誰でも取得可能なgTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)もある。
また、一部発展途上国では、gTLDのように外資稼ぎを目的としたccTLDもある。その例として、トンガの「.to」やツバルの「.tv」ドメインなどが有名である。なお、アメリカ合衆国では、「.us」というccTLD以外にも、「.gov」や「.edu」「.mil」などのgTLDが主に使われている。ccTLDにおいては、州政府関係以外あまり使われていない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る