アルゴリズム の bzip2に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

bzip2

読み方、または別称:びーじっぷつー

bzip2(ビー・ジップ・ツー)は、ジュリアン・スーアード (Julian Seward)が開発したオープンソースの画期的なデータ圧縮アルゴリズムである。1996年6月に最初に公開され、その後動作の安定性が極めていいことで評判になり人気があった。
2000年末にversion 1.0が発表されたが、bzip2圧縮ログラムで処理されたファイルには、拡張子として.bz2が付けられる。
bzip2は、より高い効率的な圧縮のためにバロウズ-ホイラー変換のブロックソート法とMTF (Move-To-Front) 法、さらにハフマン符号化法を取り入れて、従来のgzipやZIPなどよりも高い圧縮率がある。
また、bzip2の操作法はgzipを意識して類似のものになっているので、容易にgzipから移行することができる。ただし、bzip2は処理速度の点ではgzipよりも遅く、したがって、圧縮ツールの面で完全にgzipに置き換わるまでには至っていない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る