情報科学 の Zopeに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Zope

読み方、または別称:ぞーぷ

Zope(ゾープ、Z Object Publishing Environment)とは、Pythonで書かれたオブジェクト指向ウェブアプリケーションサーバまたはWebアプリケーションフレームワークのことである。Pythonはプログラミング言語で、Zope 2系列およびZope 3が並行してリリースされている。フリーソフトウェアとしてZope Public Licenseに基づいて配布されている。
アプリケーションサーバ、ウェブサーバ、データベースの機能をすべて含んでおり、Zopeのみで環境の構築ができるため、導入した時点でBlogやWikiなどのウェブアプリケーションが同梱されている。
これらを組み合わせることで、簡単にCMSを構築することが可能となる。また、CMSRDBMSとの連携やその他にもさまざまな外部プロダクトによる機能拡張が可能となっている。管理は、ウェブインターフェース管理画面から行う。
高度なカスタマイズができ、すべてはPythonのオブジェクトであり、オブジェクトデータベース(ZODB)に格納されている。Zope 3は、Zope 2から全面的に再構築され、2.8.1より3の機能を利用することができる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る