ITと社会用語辞典 の Y2Kに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Y2K

読み方、または別称:わいつーけー

Y2K(ワイツーケー)とは、年号を2桁で管理しているコンピュータが西暦2000年を1900年と誤認してしまい、処理を続行できなくなる問題のこと。またそれに併せて起こる社会的混乱のことである。
旧式のコンピュータプログラムでは、メモリ容量や表示、印字スペースの制限などがあり、日付データの年号部分を2桁で管理しているものが多かった。
そのようなプログラムでは、西暦2000年を1900年と誤認してしまい、データを正しく処理できなくなってしまう。また、一部のコンピュータプログラムは「00」を特殊な意味を持つコードと規定しているものがあり、西暦2000年時の動作の予想がつかなかった。
世界中でシステムの見直しや対策が行われ、また各企業や官庁等の対策が功を奏して、2000年になり小さなトラブルは発生したものの、社会に大きな影響を与えるような大規模な問題は発生しなかった。
ちなみに、「K」は「キロメートル」などと同じ「キロ」の意味で、2000年(year 2000)=2キロ年(year 2k)という連想からこのような略称が定着した。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る