アルゴリズム の Xorshiftに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Xorshift

Xorshiftは疑似乱数生成法のことで、演算が排他的論理和ビットシフトのみであるため高速で、かつ線形合同法よりも長周期などの特徴があり、ジョージ・マーサグリアが2003年に開発した。
なお、Xorshiftアルゴリズムの実装例は、uint32_t xor128(void)とすると、static uint32_t x =123456789; static uint32_t y= 362436069;static uint32_t z= 521288629;static uint32_t w = 88675123であり、uint32_t t; t=x ^ (x << 11); x = y; y = z; z=w; return w =(w ^ (w >> 19)) ^ (t ^ (t >> 8)); となり、このアルゴリズムの周期はDiehardテストをパスしている。
因みに擬似乱数(pseudorandom numbers)とは、乱数列(乱数)のように見えるが、実際には確定的な計算によって求めている数列に含まれる数のことである。
因みに真の乱数は例えば、通常サイコロを振る時、今までに出た目から次に出る目を予測するのはトリックを使わない限り不可能である。一方、擬似乱数は計算で作ることができるので、作り方がさえ分かれば理論的にはあらかじめの予測が可能であり、また内部の初期値が分かれば、先に計算することもできる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る