サーバ の XOOPSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

XOOPS

読み方、または別称:ずーぷす

XOOPS(ズープス:eXtensible Object Oriented Portal System)とは、GPLに基づいて開発されたテキスト画像などのコンテンツを用意するだけでWebサイトを構築および編集できる、コンテンツマネジメントシステム(CMS)のひとつである。
XOOPS はPHPで実装されており、Apacheの上で動作し、コンテンツを保存するデータベースとしてMySQLを利用している。ブログBBS、フォトアルバムやファイルアップローダ、カレンダーやスケジューラ、アクセス解析やシステム管理などのモジュールを組み込んで様々な機能を持ったWebサイトを構築できる。
XOOPSは2001年にPHP-Nukeと呼ばれるCMSを元にして開発されたもので、2003年にはXOOPS2がリリースされた。XOOPSは日本人によって開発されたもののため、日本語の文字列処理について問題が少ない。
現在、入手可能な日本語版XOOPSは、旧来からあるXOOPS2.0.xJP系列と、2007年4月にリリースされたXOOPS Cube Legacy2.1.x〜2.2.x系列の2種類があり、日本国内ではXOOPS Cube Legacyの方に知名度がある。
XOOPSは企業用サイトに使用されることもあり、会員用のWebサーバでは、XOOPSを標準でインストールしているサービスも少なくない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る