情報科学 の XMMSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

XMMS

読み方、または別称:えっくすえむえむえす

XMMSとは、Unix系OSで動作するフリーオーディオプレーヤーである。正しくは、X Multimedia System(エックスマルチメディアシステム)。Winampに似ている。
1997年11月に“良いLinux用MP3プレーヤー不足”を理由に、X11 Ampが始まった。最初のリリースは同年の5月。Winampに似せて作られたため、Winampのスキンもサポートしていた。
当初はライセンスがソースコードへのアクセスが一切不可能であったが、後にGNU General Public Licenseでリリースされた。1999年6月10日に4Front Technologies社がX11 Ampのスポンサーになり、XMMSに変更された。
GTK+がバージョンアップを続けているが、旧GTK+を使い続けている。新しいバージョンに移行しない理由は、第三者によって書かれたプラグインが持っている機能が、旧GTK+に依存していたことが起因している。
また、XMMSのコードの不完全さとメンテナンスの困難さがあることも関係している。これらの要因として、さまざまなフォークや関連プロジェクトを出現させるきっかけとなった。ちなみに、Beep Media PlayerはGTK+2を使用したXMMSのフォークであるが現在は終了している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る