XML の XLinkに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

XLink

読み方、または別称:えっくすりんく

XLinkとは、XML文書のハイパーリンクを作成するための標準書式のことで、XPointerと合わせてハイパーリンク機能を実現する。国際的に普及している標準仕様で、XLinkを採用しているものにXBRLがある。
HTMLのハイパーリンクは、一対一の単一方向リンクを定義し、このリンクは単純で扱いやすいために、誰でも簡単にリソースリンクすることができるが、「リソースリソースの関連付け」という点では一対一の単一方向リンクだけでは不十分であった。対して、XLinkでは、HTML型のリンクである「単純リンク」だけでなく、より高機能なリンクを「拡張リンク」を実現している。
XLinkは、2つ以上のリソース間のリンク関係を記述する、リンクにメタデータを関連付ける、リンクされるリソースとは別の場所でリンクを記述できるようにするという3つの基本的機能からなる。
XLinkが記述するリンクは、単純リンク(Simple link)と拡張リンク(Extended link)の2つに大別され、単純リンクとは、1つのリソースからもう1つのリソースへ一方通行で張られたリンクである。対する拡張リンクは、複数のリソースリンク付けするリンクのことで、拡張リンクを記述には、拡張リンク要素を使用する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る