メモリカード の XDピクチャーカードに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

XDピクチャーカード

読み方、または別称:えっくすでぃーぴくちゃーかーど

xDピクチャーカード(エックスディーピクチャーカード)とは、2002年9月に発売された富士フイルムとオリンパスが共同開発したメモリーカードである。サイズは長さ20.0mm×幅25.0mm×厚さ1.7mm、重さは2gとメモリーカードの中では小型である。
裏表、前後方向の誤挿入防止のため、断面形状が非対称になっており、裏面のピンが剥き出しになっているために、取り扱いには注意が必要。
スマートメディアの大容量化が限界に達していたことと、より小型の形状が求められたこと、書き込み・読み込み速度が遅いことから、富士フイルムとオリンパスは、新たなxD規格を開発した。それがxDピクチャーカードである。
しかし、同じメモリカードであるSDメモリーカードやメモリースティックなどがデジタルカメラ以外にもオーディオ、ビデオ、携帯電話などにも採用されているのに対し、xDピクチャーカードはデジタルカメラしかサポートしていないことなどが障害となり、富士フイルムとオリンパスの2社のみの採用となった。
その後、普及率の差からSDメモリーカードより逆に割高になったこともあり、オリンパスでも2010年2月2日に発売を発表したコンパクトデジタルカメラ7機種全てにおいて、xDに代わり、SDHC/SDメモリーカードを採用している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る