XML の XBRLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

XBRL

読み方、または別称:えっくすびーあーるえる

XBRL(eExtensible Business Reporting Language)とは、XML(eXtensible Markup Language)の規格を基盤にして作られた言語、拡張可能な事業報告言語のことである。財務表などの会計情報を電子化、財務情報の作成、再利用等に有効活用することを目的に作られた。始まりは、1998年にアメリカの公認会計士協会の支持を得たXBRL1,0が世界的に普及していったことである。
日本においては、日本公認会計士協会等が中心となり、XBRLの作成、普及、啓蒙活動を目的としたXBRL Japanを設立し、2005年には7月20日にJIS化された。2008年4月1 日からは、以降に開始する事業年度を対象に、金融商品取引法に規定される企業財務諸表等に係る提出書類より、財務諸表部分をXBRL化して提出することが義務化された。
さらに同年10月からは、東京証券取引所はXBRLによる電子開示を義務付けた。XBRLデータの構成は、レポートの項目、科目と、さらにその項目と科目の関係を定義した語彙辞書であるタクソノミ、実際の値の集合のインスタンスから成っている。
これらXBRLに対応したシステムの例としては、代表的なものとして、金融庁のEDINET、東京証券取引所のTDnet、国税庁のe-Taxなどが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る