互換プロセッサ の WinChipに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

WinChip

読み方、または別称:うぃんちっぷ

WinChip(ウィンチップ)とは、x86アーキテクチャCPUブランドのことで、IDT社傘下であったCentaur Technology社によって開発された。外部のインターフェースはSocket 7となるため、第3のSocket 7互換CPUと位置づけられている。WinChipはPentiumと同程度の性能をできる限り低コストに実現することに重点をおいているため、きわめてシンプルなアーキテクチャをとっている。
またスーパースカラアーキテクチャを採用せず1クロックあたり1命令しか実行することができない。このことから、Pentiumより1世代前のi486に近いと言われることもある。コア部分はRISC方式になっており、各機械語命令はRISC命令に変換してから実行するが、使用頻度の高いx86命令のほとんどを単一のRISC命令に変換できるようにすることで、レイテンシを低減する。
それに加え64KBという大容量の一次キャッシュの効果で同クロックPentium匹敵するくらいの性能を発揮することができる。ちなみに、WinChipは、WinChip C6とWinChip 2が製品化されたシリーズになり、その後WinChip 3やWinChip 4も計画されたが、量産まではされなかった。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る